尾張冨士と入鹿池

犬山市の南東部にある入鹿池や尾張冨士などの素晴らしい自然のご紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

大宮浅間神社のヤマモモの木

犬山には大きな木がたくさんあります。いわゆる、「巨樹・古木」です。
平成12年の環境省の巨樹・古木林追跡調査をきっかけに犬山エコアップリーダーの方達が「巨樹・古木調査グループ」を立ち上げました。そして、現在、129本の木が市内の巨樹・古木として登録され調査がまとめられています。
その1つが、この、尾張冨士大宮浅間神社のヤマモモの木です。登録されているヤマモモの木はここの木のみで貴重な存在です。
さて、「巨樹」の定義は以下のようです。
  ①地上から1.3mの高さで幹周りが3m以上。
  ②株立は一番太い幹の幹周りが2m以上で、全体の幹周り合計が3m以上。
  ③樹高が10m以上。
となっています。
大宮浅間神社のヤマモモの木は、樹高11m、幹周り3.15m(2本株立主幹1.68m)、樹齢推定200年
雌雄異株で雌株には赤い果実がなり、甘ずっぱい味がします。皆さんも子供の頃、田舎でよく食べた記憶があるのではないでしょうか。ここのヤマモモの木は雄株で残念ですが実はなりません。
身近にある巨樹・古木いつまでも残しておきたいものです。


大宮浅間神社のヤマモモ
ヤマモモの木(正面左の根元に白い石が置かれている)
ヤマモモの看板
表示プレート
別窓 | 自然 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<平成の名水百選 八曽滝 | 尾張冨士と入鹿池 | いぬやま環境フェア2008>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 尾張冨士と入鹿池 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。