尾張冨士と入鹿池

犬山市の南東部にある入鹿池や尾張冨士などの素晴らしい自然のご紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

八曽のホタル

入鹿池にそそぐ五条川の支流が八曽のモミの木キャンプ場にのびています。その、モミの木キャンプ場に向かう途中の橋付近にホタルが出始めました。
先週の日曜日には未だ確認できませんでしたが、15日の日曜日の夜に行ってみると、そんなに多くはありませんが飛んでいました。10年程前はたくさん飛んでいましたが最近は少なくなってしまいました。環境の変化なのでしょうか。
ホタルが生息できる環境はとても微妙です。
卵の時・・・水際にコケが生えていること。
幼虫期・・・水質が安定していること。容存酸素量が豊富であること。農薬・家庭排水が混入していないこと。
       瀬や淵のある多様な形態の河川。水系全体が長期的安定していること。
       エサのカワニナが豊富にあること。
成虫期・・・飛翔空間がある。風当たりが強くない。人工照明がないこと。休憩場所となる木陰があること。
だそうです。
この八曽は、ホタルが住める素晴らしい環境なのでしょう。ぜひ、大事にしたいものです。
さて、ここのホタルの種類はゲンジボタルだと思います。ヘイケボタルは田んぼにも生息し発生期間が長く9月頃まで飛ぶそうです。また、ヒメボタルは全く水のない林の中でも見られ発光の点滅が短いのが特徴です。尚、八曽の東側、岐阜県多治見市の北小木川にもホタルの自生地がありゲンジボタルとヘイケボタルが観察できるそうです。
現地は道路も狭く、車で行くと車のすれ違いが難しいため、もし行かれる方は気を付けて下さい。幹線道路より林道に入った所に少し駐車スペースが有りますからそこに止めて懐中電灯を照らし現地に歩いていくのも良いかも知れません。
Agenji.gif
ゲンジボタルの発光
Aheike.gif
ヘイケボタルの発光
Ahime.gif
ヒメボタルの発光

別窓 | 自然 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<いぬやま環境フェア2008 | 尾張冨士と入鹿池 | 素敵なスローライフ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 尾張冨士と入鹿池 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。